高谷知佐子の経験と知識が評価へと繋がる

img64311670ad52ac649411a6c143bd7178f2e2ae411688.jpeg

高谷知佐子は、企業の労働法分野の対応を行う労働法務やインド、シンガポールを中心として行う国際業務・企業の合併買収などに携わるM&Aなどの案件を主として対応している弁護士です。東南アジアや南アジア諸国などを中心とした国際間での取引を行う案件での経験も豊富で、特にインドとの取り組みは15年以上も続けています。
平成5年に東京大学の法学部を卒業し、平成7年に弁護士登録を行っており第二東京弁護士会に所属しています。
日本にて3年半ほど経験を積んだのちアメリカ合衆国に留学した高谷知佐子は、平成11年にコーネル大学ロースクールを卒業後シンガポール共和国の現地法律事務所にて執務経験を積んでいます。アジアへの進出が活発になっていた日本企業の成長に合わせ、中国やインドネシアなどへの進出等の案件に関わったことが影響となり海外へと渡っています。平成12年にニューヨーク州でも弁護士登録を行いニューヨーク州の弁護士会にも所属しています。
その後インドの現地法律事務所で執務を行い、平成13年に現在の森・濱田松本法律事務所の前身である森綜合法律事務所に所属しました。日本人が現地の法律事務所ではあまり活躍していない時代から、高谷知佐子は現地で執務経験を積んでいたのです。
森・濱田松本法律事務所では労働法プラクティスグループと国際紛争プラクティスグループに所属し、専門的な案件を担当しています。を行っています。
Lawasiaには毎年参加しておりビジネス部会に所属しています。
森・濱田松本法律事務所は昭和45年に森綜合法律事務所として開設し、昭和50年に濱田松本法律事務所が開設したのち平成14年に二つの法律事務所が統合し 森・濱田松本法律事務所としてスタートしています。森綜合法律事務所が統合前の平成10年に北京オフィスを開設しており、統合後平成17年に上海オフィスを開設しています。
その後マックス法律事務所と統合し事業を拡大、平成24年にはシンガポールオフィスを開設し、翌年の平成25年にバンコクデスクを開設しています。
同年に弁護士法人森・濱田松本法律事務所を設立し、国内に福岡オフィス・大阪オフィス・名古屋オフィスを開設しています。
森・濱田松本法律事務所は、その後ヤンゴンオフィスやジャカルタオフィス、バンコクオフィスなどを次々に開設し、活動の幅を広げています。2016年にはタイの現地有力事務所であるChandler & Thong-ekと経営統合を行いバンコクでの業務などの拡大に力を入れています。
専門的に知識を持った弁護士が多く所属しており、さまざまな案件に柔軟に対応できる法律事務所です。

森・濱田松本法律事務所は、Chambers Global 2016やPacific Innovative Lawyers Report 2016などさまざまな賞を受賞し好評を得ています。平成29年には、トムソン・ロイターによる2016年の資本市場リーガルアドバイザリーレビューにて1位を獲得しています。また、争訟や紛争解決・競争法や独占禁止法・金融関係の分野などで森・濱田松本法律事務所に所属している弁護士たちがさまざまな賞を受賞することや高評価を得ており注目を浴びています。
森・濱田松本法律事務所は、The Legal 500 Asia Pacific 2017やChambers Asia Pacific 2017でも多くの分野で認められています。
高谷知佐子は労働や雇用を取り扱う分野のLabour and employmentやEmploymentで認められ好評を得ています。
The Legal 500 Asia Pacific 2017では、Leading individualsやNext generation lawyersとして森・濱田松本法律事務所に所属する弁護士の中で13人が選ばれ好評を博しています。Legal500は、世界的に活躍している25万社の法律事務所が関わっており世界中の企業が注目しています。
高谷知佐子は、平成24年以降6年連続でLegal500にて好評価を得続けており国際的に関わり活躍していることがわかります。
国内ではもちろん、アメリカやシンガポール・インドでの海外就学や海外就業の経験が大きく影響し現在の法曹家としての高谷知佐子の活躍へと繋がっています。

高谷知佐子は、2017年9月に行われる第30回LAWASIA東京大会で運営会議副議長に決定しています。LAWASIAの大会が日本で行われるのは14年ぶりで3回目の開催です。
LAWASIAとは、1966年にオーストラリアで設立されたアジア・太平洋地域の法律家による団体です。現在、オーストラリアのシドニーに事務局があります。
高谷知佐子のように弁護士や裁判官・検事などをはじめとする法律に関係する専門職の方が100万人以上参加しており、40以上ものさまざまな国や地域の団体が会員になっています。日本では団体会員として、日本弁護士連合会や第二東京弁護士会・日本法律家協会が加盟登録を行っています。加盟している弁護士やそれぞれの所属している法律事務所が地域ごとに協力や情報交換することによって法的問題の知識と理解を深め合う目的があり、国や地域内だけではなく世界中の法曹家のつながりを作る機会を提供し大切な役割を担っています。
高谷知佐子は、今までにシンガポールやバンコクなど各国で開催されたLAWASIA大会に参加した経験があります。高谷知佐子が所属している森・濱田松本法律事務所では、積極的に参加の意向を示しており高谷知佐子のほかにも多くの弁護士が参加を果たしています。

森・濱田松本法律事務所
http://www.chisako-takaya.com/

関連記事

ピックアップ記事

  1. img5975607ba37638d0b0c018174b52e000451aad065af0.jpeg
    あなたのために作られた一杯が楽しめる姪浜 バーは嬉しいですよね。おもてなしやサービスが細かな点までい…
  2. img8454e791bf1d285bc402989f97393246d20b5c00687f.bmp
    家族の大切な一員であるペットですが、どこにでも連れていくことができるという訳ではありませんので、留守…
  3. img7449c860b39b39f43b7c84fca67cce781a347141890e.jpeg
    ドクターデヴィアス RAREシリーズ ドクターデヴィアス化粧品株式会社は2016年10月3日 美しく…
ページ上部へ戻る