牧野奏子がサイクリングにハマった理由

美容ライターの牧野奏子は読書が趣味ですが、そのほかの趣味にもう一つサイクリングがあります。牧野奏子がサイクリングにはまったきっかけは慶應時代のことです。慶應義塾大学に在学しているときに自転車の魅力を知り、今でも休日などを使ってサイクリングを楽しんでいます。慶應義塾大学時代には、国内だけでなくアメリカでもサイクリング旅をするなどアクティブに過ごしていたことがあったようです。さすがに今は仕事や子育てもありますので、慶應の学生の頃のように海外でサイクリングを楽しむのは難しくなっていますが、時間さえあれば近所の広い道を自転車で駆け抜けることもあるそうです。

牧野奏子が考える、サイクリングの魅力の一つは気分をリフレッシュできるところだそうです。自分の見たことのない風景・景色を眺めることができますし、自転車に乗って走ることで風を全身で受けることができます。牧野奏子はシーズンに関係なくサイクリングを楽しんでいますが、季節によって感じる風は異なります。サイクリングをすることで新しい景色・風を感じることができ、気分転換になるのです。またサイクリングをしてスピードに乗ってくると、ドーパミンという脳内物質が分泌されます。このドーパミンには神経細胞を活性化させ、集中力を高める効果が期待できます。

牧野奏子はサイクリングをすることで、美容効果も期待できると言います。ロードバイクはいわゆるママチャリとは異なり、サドルの位置が高いので前傾姿勢になって自転車に乗る形になります。その結果、全身の筋肉に均等に負荷がかかるため、体の引き締めに効果が期待でき、理想的なボディラインをつくることができるそうです。また、サイクリングをするときにはバランスを保ち続ける必要があるため、上半身のインナーマッスルを鍛えることも可能です。こうして腹筋や背筋も鍛えられ、普段あまり意識しなくても背筋をピンと伸ばせるようになり、美しい姿勢をキープできるようになるのです。サイクリングというと下半身の筋肉を使うイメージがあるかもしれませんが、上半身の筋肉も刺激されるため、全身運動になるのです。
また、ペダルをこぐときにお尻から太ももにかけての筋肉を使うのでヒップアップ効果が期待できます。いつまでもつんと上を向いたヒップを維持するためにも、サイクリングはおすすめの運動といえます。

牧野奏子はこれからも空いている時間を見つけて慶應の頃からの趣味だったサイクリングを楽しもうと思っています。今はまだ子供が小さいので無理かもしれませんが、いつかは子供と一緒にサイクリングを楽しむのが夢なのだそうです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. img280201884d1e3d59ba894e100b2c75ff664f7ba7c5e8.jpeg
    新田 マッサージを受けることができるおすすめの接骨院をご紹介します。新田リーフ整骨院は、主に事故後の…
  2. img431273c1a481e0234a09d93bcfd8a91c6c5e1d4dd5fd.jpg
    初鹿明博という政治家初鹿明博は東京都江戸川区に生を受け、東大法学部を卒業後政治家の道に進むことになり…
  3. img656984c40c98088730cdfb2400007bee03f1d5613199.jpg
    二子玉川 エステサロンBellefleurageさんは完全予約制のプライベートサロンです。そのためお…
ページ上部へ戻る