西日本が主体なので関東別院 となっている

通常関東が主体となっている団体が多いのですが、阿含宗の場合には西日本が主体となっています。その理由は、阿含宗は仏教の流れをくむ宗教団体だからです。仏教は飛鳥時代に伝わったと言われているのですが、当時は日本の首都が現在の奈良県にあったため、近畿地方に総本部があります。しかも大陸と近い西日本を中心に発展していったことで、関東別院 となり、西日本に本部が多数設置されていると言えるでしょう。

しかし、鎌倉時代以降は東日本がどんどん発展し、現在の日本は首都が東京となり、関東地方が日本の中心になりました。そのため、関東地方で活動をする人も多くなり、関東別院 が誕生したと言っても過言ではありません。別院という名前になっているものの、実質阿含宗の関東本部だと言ってもよいでしょう。場所は東京都港区にあり、最寄りの駅はJR山手線や京浜東北線が通る田町駅となっています。

阿含宗 関東別院
http://kantobetsuin.net/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 庭野仁司は、血液型がO型、26歳の独身男性です。東京都目黒区に実家があり、父親と母親と3人で暮らして…
  2. 阿加井秀樹は現在、そろばんを習っています。子供のころに少しだけ習っておりましたが、再び、そろばんを始…
  3. ラファエロブランドストーリーラファエロは世界の歴史を巡る”革の探求者”であり、 王侯貴族の気品を現代…
ページ上部へ戻る