西日本が主体なので関東別院 となっている

通常関東が主体となっている団体が多いのですが、阿含宗の場合には西日本が主体となっています。その理由は、阿含宗は仏教の流れをくむ宗教団体だからです。仏教は飛鳥時代に伝わったと言われているのですが、当時は日本の首都が現在の奈良県にあったため、近畿地方に総本部があります。しかも大陸と近い西日本を中心に発展していったことで、関東別院 となり、西日本に本部が多数設置されていると言えるでしょう。

しかし、鎌倉時代以降は東日本がどんどん発展し、現在の日本は首都が東京となり、関東地方が日本の中心になりました。そのため、関東地方で活動をする人も多くなり、関東別院 が誕生したと言っても過言ではありません。別院という名前になっているものの、実質阿含宗の関東本部だと言ってもよいでしょう。場所は東京都港区にあり、最寄りの駅はJR山手線や京浜東北線が通る田町駅となっています。

阿含宗 関東別院
http://kantobetsuin.net/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 最近では婚活という言葉が毎日のようにメディアから聞こえますが、実際に婚活をする暇もなく日々忙しく過ご…
  2. 東京都千代田区三番町に構えたオフィスを拠点にビジネスを展開しているのがマーチャントブレインズ投資顧問…
  3. お金との付き合い方を考えることあなたはお金との付き合い方について考えたことはありますか?現代社会の中…
ページ上部へ戻る