西日本が主体なので関東別院 となっている

通常関東が主体となっている団体が多いのですが、阿含宗の場合には西日本が主体となっています。その理由は、阿含宗は仏教の流れをくむ宗教団体だからです。仏教は飛鳥時代に伝わったと言われているのですが、当時は日本の首都が現在の奈良県にあったため、近畿地方に総本部があります。しかも大陸と近い西日本を中心に発展していったことで、関東別院 となり、西日本に本部が多数設置されていると言えるでしょう。

しかし、鎌倉時代以降は東日本がどんどん発展し、現在の日本は首都が東京となり、関東地方が日本の中心になりました。そのため、関東地方で活動をする人も多くなり、関東別院 が誕生したと言っても過言ではありません。別院という名前になっているものの、実質阿含宗の関東本部だと言ってもよいでしょう。場所は東京都港区にあり、最寄りの駅はJR山手線や京浜東北線が通る田町駅となっています。

阿含宗 関東別院
http://kantobetsuin.net/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 保健科学研究所は臨床検査の外部委託請負として先駆者的な存在です。昭和30年の創業から長く続いており、…
  2. 私は図書館に勤務しているため、重い書籍などを持つことも多く腰痛に悩んでいます。しかし、新宿三丁目 整…
  3. 家族の大切な一員であるペットですが、どこにでも連れていくことができるという訳ではありませんので、留守…
ページ上部へ戻る