中込直樹が教える山梨の食の安全について

山梨の食の安全を守っている機関がある
中込直樹は、山梨県の食の安全について気になりました。
調べてみたところ、現在、山梨県には「山梨県食の安全・安心審議会」という機関があることが分かりました。
山梨県食の安全・安心審議会は、知事の直属機関。
食に関するさまざまな事柄について審議しています。どうすれば食の安全性を高められるか、また維持できるか。具体的な内容について審議されており、さまざまな案が出されています。
たとえば生産者の自主的な取組みとして、生産過程の監視指導を徹底することを決めたり、食品表示の適正化を図ったり、情報提供を促進させるといった活動をしています。毎年複数回会議が開催されており、活発な議論がされています。
中込直樹は調査を通して、山梨県主体の活動をとても価値のある活動だと感じました。
それぞれの案について、具体的な数値目標が設定されており、実現可能かも議論されています。実際に数値がどのような推移を経ているのかも記録されており、結果については詳しい分析がされていました。
会議の内容については情報がすべて公開されているため、興味のある方は気軽にチェックしてみましょう。中込直樹は、今後もこちらに注目してみようと思いました。

農産物の安全確保を重視している
中込直樹が調べた結果、山梨県ではGAP手法の導入を進めています。
GAPというのは農業生産工程管理のことです。
GAPは農業者自身が食品の安全確保や品質の向上、環境保全などについて目標を達成できたか、チェックするための手法です。
食の安全を確保するためには農業者の努力が欠かせません。
広汎にわたる項目をチェックするこの手法の導入を進めています。
実際に計画をして、実践。その結果を点検や評価して、最後には見直しや改善を図ります。
このサイクルを繰り返すことにで、農業経営の安定化にもつながると考えられています。
山梨ではこのような手法を普及させて、定着させようと努力しています。
中込直樹はこのような活動には、とても価値があると評価します。
このような方法がどんどん広まっていけば、山梨県の農業はとても質の高いものとなるはずです。第一次産業をどのように守るかも課題です。
食の安全にもつながる方針を推進するため、定期的に会議が設置されています。
今後も中込直樹は、GAP手法がどれだけ浸透・定着していくのかチェックしていきたいと思いました。

放射性物質検査を行っている
食品の中に含まれる放射性物質に関する新基準が、平成24年の4月1日に適用されました。
これにともなって山梨県では、県内に流通している食品に対して、放射性物質検査を行っています。
中込直樹も、福島原発事故以来、放射性物質の話題に注目していたので、食品中にどの程度含まれているのか気になっていました。
もし買おうとしている商品に、基準値以上が含まれていると知れば、買うのは控えようという気持ちになります。
消費者の食に対する疑心は、事故以来広く芽生えました。
毎日口にするものに対する不安な気持ちを解消するために、山梨県ではこの問題について真剣に取り組んでいます。
山梨県のWebサイトをチェックすれば、食品ごとの調査結果がきちんと公表されていました。
基準値がどのようなものであり、どんな方法によって検査しているのか、検査過程まで詳細に説明されていたので、信頼性は高いといえます。
山梨県は県が主体になって、食の安全にとても意欲的な地域だということがよく分かりました。
中込直樹は、これからも放射性物質については、引き続き注目していこうと考えています。
放射性物質は、目で見て確認できるものではなく、専門的な検査をしてもらわないと分かりません。山梨県はこの問題についてきちんと取り組み、県民を安心させようと努力していることが伝わってきます。これからもこのような努力を継続してもらいたいです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. img37406956f8f8d2e1c251988a6b806e9641f3799dce66.jpeg
    女性にとってメイクは欠かせないものです。特に目元は強調したいポイントですよね。専門的な鹿児島 マツエ…
  2. img3443abeb11ec23e65acc873241bff1b5929f0bf9d625.jpeg
    体に痛みや何か違和感があったとき、佐賀市 整骨院へ行こうと考えることもあるでしょう。しかし、佐賀市 …
  3. img8630f21b9df046be853b390ccdf5b44fc9f228be8147.jpg
    住宅のメンテナンスの一つに、外壁の塗装があります。大体新築で建てた住宅であれば、7年〜10年で塗り替…
ページ上部へ戻る