密かに注目を集めるキングスコインとは

密かに注目を集めている「香港スカイキングインターナショナルインベストメント」が開発した仮想通貨「キングスコイン」。キングスコインの特徴とは一体どういうものなのでしょうか?

キングスコインの開発元である香港スカイキングインターナショナルインベストメントの代表者はテンセントグループの顧問「Ma Hua(マー・ホアー)」氏です。この、Ma Hua氏は執行役マーケティングアドバイザーを務めているわけですが、非常に優秀な経歴をお持ちでした。2010年から2011年にかけ、テンセント顧問を務め、日本の音楽事業を代表する企業エイベックスのアジア事業である「エイベックスチャイナ」で副総裁をはじめ、香港上場企業でアジア最大プロダクションMedia Asia Chinaの副総裁を経験。そして、現在は中国の大手映画配給会社として有名なHLCGの副総裁を務めています。

これらの経歴を見ても分かる通り複数の上場企業の副総裁として活躍してきた素晴らしいキャリアをお持ちなのです。

また、イベントやコンサート、デジタルマーケティングなどに精通しており、その知識を生かし仮想通貨との連携をプロデュースすることになりました。今回紹介している、「香港スカイキングインターナショナルインベストメント」が開発した仮想通貨「キングスコイン」ではマーケティングアドバイザーとして、これまでの豊富な知識と経験を提供しています。

そもそも、仮想通貨「キングスコイン」とは現実世界のビジネスや現実社会に仮想通貨のソリューションを直結させるために「仮想通貨を世界中の決済インフラにすること」をミッションとして掲げたプロジェクトでした。高度なセキュリティと最高速度のブロックチェーンを利用し、安心安全で平等な取引を可能にした現実社会で使用できる仮想通貨の開発だったわけです。

今後具体的には、世界中で使用されているクレジットカードのVISAカードと同じく、60秒間で5000件以上もの取引処理を実現することを目標としている様です。

「香港スカイキングインターナショナルインベストメント」が開発した仮想通貨「キングスコイン」、まだまだ謎も多いですが、現実社会で使用できる仮想通貨ということでこれから益々注目を浴びそうですね。セキュリティも安全と謳ってありますので、初めての方でも安心して利用することができそうです。これも執行役であるMa Hua氏の知識あってこそのキングスコインなのでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 一般財団法人DEVNET JAPANは、NPO・NGO組織です。ガリ前事務総長らの働きかけによって1…
  2. おうちの中でも特にこだわりたい、と思うのが浴室ではないでしょうか。ゆったりとくつろげるように埼玉 浴…
  3. 私はアロマが大好きで、自宅でもアロマオイルを使うことがあります。先日仕事帰りに見つけた門前仲町 整体…
ページ上部へ戻る