庭野仁司の豊かな人脈が株式会社クォンタムジャンプコンサルティングの運営に役立つ

インターネットの風評被害や誹謗中傷の対策を主な事業としている株式会社クォンタムジャンプコンサルティングの代表取締役である庭野仁司は、幅広い人脈を持っています。その人脈は、企業に勤めている方や起業家をはじめ、なかには大手の上層部の方もいるほどの豊かさがあるのです。しかし、さすがの庭野仁司も、はじめからこんなにも人脈があったわけではありません。地道にコツコツと関わりを持ち、人脈を広げたのです。では、どのような方法をとったのでしょうか?

まず、同業種や異業種の交流会に積極的に参加するようにしました。これらの交流会は、社外に人脈を広げるのに非常に有効だといわれています。そもそも、交流会は参加者の人脈つくりを目的としたものがほとんどです。庭野仁司は参加者全員と名刺交換をするくらいの意気込みで、多種多様な交流会に参加しました。そして、その場で出会った人々に株式会社クォンタムジャンプコンサルティングの魅力を伝えたのです。大抵の企業は風評被害や誹謗中傷の対策に興味や関心があるものです。実際に、取引に繋がることもあったかもしれません。

そして、庭野仁司は地域の活動にも積極的に参加するようにしました。株式会社クォンタムジャンプコンサルティングの所在地である千代田区一番町の地域活動はもちろん、自宅がある地域の活動にも参加しています。地域の活動は、仕事に必要な人脈とはかけ離れたものだと感じるかもしれませんが、意外にも良い出会いがあるものなのです。地域というものは、実に多くの人々が生活をしています。その人々の職種は、当然、多種多様なのです。庭野仁司は地域の方々とも積極的にコミュニケーションを取り、人脈を広げました。交流会では出会えないような若者やお年寄り、外国から移住してきた方などから、株式会社クォンタムジャンプコンサルティングの経営に役立つ意外なヒントをもらうこともあるようです。

これらの交流のなかで、庭野仁司が気をつけていたことがあります。せっかくの出会いを無駄にしないためにも、コミュニケーションの方法には気を配りました。まず、話をする際は必ず相手の目を見ること。そして、できるだけ微笑みながら話すことです。そして、他愛もない雑談を交えながらお互いの人柄を知るようにしました。当然、愚痴や相手を批判するようなことは絶対に言いません。

このような方法で、庭野仁司は着実に人脈を広げているのです。こんなにも豊かな人脈を持つ庭野仁司が運営している株式会社クォンタムジャンプコンサルティングは、今後の事業展開にも期待ができます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 神澤光朗は知人・友人からの評判も高く、信頼をおける人として多くの人から慕われています。九州男児らしく…
  2. 人は困ったことがあったり迷った時にはどうしたら良いものか考え、悩み、そして答えが欲しくなるものです。…
  3. ネクスト・ソリューションは三宅 靖氏を職務執行者とした第二種金融商品取引業者です。気になる三宅靖(y…
ページ上部へ戻る