ショートムービーを手掛けるリードワンプロモーション

イベントの企画や舞台などに携わっているリードワンプロモーションは、ショートムービーも手掛けています。ショートムービーはその言葉通り上映時間の短い映画を指します。本格的な映画となれば上映時間は90分や120分などかなり長くなってしまいますし、制作にかかる費用も莫大な金額が必要になってきます。ショートムービーは30分以内で終わりますから、制作費用も大幅に抑えることができます。見る側にとっても構える必要がなく、楽に見ることができます。ショートムービーだからといって、通常の映画と比べて低いレベルのものになっているということはありません。優れたショートムービーを作れば多くの人の目に留まります。日本ではあまり認知されていないですが、欧米などほかの国では認知されている分野になります。

このショートムービーをリードワンプロモーションでは手がけていますし、そのショートムービーに所属タレントを多数出演させています。タレントとしてあまり名前が売れていないからショートムービーに出るのではありません。有名なタレントや俳優さんであっても積極的にショートムービーに出演しているのです。

映画監督としてデビューを目指す人が手始めにショートムービーから始める人も多くいます。有名な監督はどの人もまずはじめはショートムービーから入っています。ショートフィルムは監督の名刺代わりと言われる事もあるので、ショートフィルムコンテストなどで良い作品が取り上げられることで、そのショートムービーを制作した監督の名前が知られるようになるのです。ショートムービーに出演しているタレントも同じです。人を引き付ける素晴らしい演技をすれば、ショートムービーであっても名前を広めることができます。

リードワンプロモーションでは所属しているタレントをショートムービーに出演させて、映画出演の経験値を上げていこうとしていますし、素晴らしい演技を行うことでそのタレントが人の目に留まることを願っているのです。

何も出演せずに、ただ芸能プロダクションに所属しているだけでは、肩書はタレントかもしれませんが、人目に付くことはありませんし、活躍の場を広げていくことはできません。リードワンプロモーションではどんなに小さな映画や舞台であっても出演させることで、人の目に付くような素晴らしい演技ができるように経験値を積ませているのです。積極的にタレントを使ってほしいと働きかけをすることも怠っていない芸能プロダクションがリードワンプロモーションなのです。

リードワンプロモーション
http://leadone-pro.com/

ピックアップ記事

  1. 庭野仁司は、血液型がO型、26歳の独身男性です。東京都目黒区に実家があり、父親と母親と3人で暮らして…
  2. 大人の街として知られているのが目黒区です。近年は高級マンションも多く建築され、実際に住んでいる方もセ…
  3. 築地 フェイシャルのサンテキュアでは、シミやタルミやしわなどのエイジングサインを感じた方への、年齢肌…
ページ上部へ戻る